読書感想文の知恵袋

読書感想文

読書感想文とは、本を読みその感想を原稿用紙に書くことです。文字数は800字から2000字以内にまとめます。小学生から高校生までが書くことが多く、夏休みなどの長い休みの期間に課題として出されることが多いです。

本選び
本を読む
感想文を書く

という作業が必要になるので、学生にとっては大変な課題になります。

当サイトについて

当サイトでは、読書感想文の書き方などをメインに説明はしていますが、以下の3つのことを学んでもらえることを目標に制作しています。

・本を読む習慣をつけてもらう
・文章力、漢字、頭を使うなど勉強に役立ててもらう
・本を読むことで人生を豊かなものにしてもらう

学生であるあなたたちにとっては、単なる課題であるかもしれません。しかし、当サイトでは、読書感想文を良い機会にしてもらい、将来にも役立つ勉強にしてもらいたいという気持ちを込めて制作しています。

本の素晴らしさ

本屋さんや図書館に行くとわかりますが、世の中には本当にたくさんの本があります。そして、素晴らしい本もたくさんあります。本を読むことで、未知の世界を体験したり、人生の先輩たちが経験した成功や失敗を疑似体験することもできます。読書感想文では、物語や小説、伝記などを読むことが多いですが、本はそれだけではありません。

あなたが今興味を持っていることについて書かれた本もあるでしょう。もしくは、あなたが今困っている悩みを解決してくれる本もあります。本はワクワク、ドキドキさせてくれたり、興味のあることを知れたり、悩みを解決してくれるなど、あなたの人生を豊かなものにしてくれるアイテムの一つだと思って下さい。読書感想文を通じて、本の素晴らしさを感じてもらえたら幸いです。

新着情報

2012.06.01 2012年度(第58回)の課題図書を追加致しました。